移行用/ニュース 文部科学省 平成24年度「産業界のニーズに対応した教育改善充実体制整備事業」に採択。

文部科学省の「産業界のニーズに対応した教育改善充実体制整備事業」に、三重大学を申請担当校として、計23の大学・短期大学が連携して申請した結果、下記プログラムが採択されました。
「産業界のニーズに対応した教育改善・充実体制整備事業」は、産業界のニーズに対応した人材育成の取組を行う大学・短期大学が、地域ごとに共同して地元の企業、経済団体や自治体等と産学協働のための連携会議を形成して取組を実施することにより、社会的、職業的に自立し、産業界のニーズに対応した人材の育成に向けた取組を支援することを目的としています。採択数は8件(申請は9件)でした。

■採択プログラム
取組名称 中部圏の地域、産業界との連携を通した教育改革力の強化
取組のテーマ ・アクティブラーニングを活用した教育力の強化
・地域・産業界との連携力の強化
連携校 本学(経営学部)の他、三重大学(申請担当校)等計23大学・短期大学
本学の取組 本学(経営学部)は、地域・産業界との連携によって、①現場に根づく「実践企業研究・調査」の実施、②企業人による講座・講義の実施、シンポジウムの開催、③職場体験の充実を図るためのインターンシップの実施、を加え、産業界に貢献できる人材の育成を図る。

文部科学省報道発表
平成24年度「産業界のニーズに対応した教育改善充実体制整備事業」の申請状況について
平成24年度「産業界のニーズに対応した教育改善充実体制整備事業」の選定状況について

  • 情報工学部誕生
  • 新型コロナ緊急寄付募集
  • MEIJO MAG
  • 名城大学チャレンジ支援プログラム
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ