理工学部/機械工学科学科長からのメッセージ

MESSAGE

学科長 藤山 一成

機械工学は、自動車、鉄道、飛行機、工作機械、医療、環境、エネルギーなど、世の中のほとんどすべてのモノとサービスにかかわりを持ち、その基盤を担ってきました。さらに近年では世界的にIoT(モノのインターネット)時代に突入し、情報と機械工学の融合が第4次産業革命といわれるまでに発展してきています。本学科では、この変化する社会ニーズに対応するために、「考え抜く力(知的体力)」を身につけるための基礎科目と、「ものごとを実現する実践力」を身につけるための設計・実習・実験などの体験・実感型の実習科目を充実させています。特に、3年次に開講される「機械設計・製作」では、構想、仕様設計から製作・評価までを1年かけて学生自らの手で進めることにより創造性と実践力を養うとともに、倫理科目では産業界からの生の声を聴く機会を用意して、機械工学的センスを持ち社会に貢献できる機械技術者を育成していきます。

学科長 藤山 一成

FEATURE

  • MEIJO DIAMOND
  • ナゴヤドーム前キャンパス
  • ナノマテリアル研究
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ