トップページ/ニュース 2019年ノーベル化学賞受賞・吉野彰教授関連図書展示【天白キャンパス附属図書館 中央展示】

吉野彰大学院理工学研究科教授は、2019年ノーベル化学賞を受賞されました。受賞理由は、1985年にリチウムイオン電池を開発したことによるものです。

附属図書館では、リチウムイオン電池に関する本、ノーベル賞に至るまでの研究の日々が書かれた本、化学を志すきっかけとなった本など、吉野教授関連図書の展示を天白キャンパス本館2階で行っています。

詳細は附属図書館ページ「展示案内」をご覧ください。

  • 研究ブランディング事業
  • MEIJO MAG
  • 名城大学チャレンジ支援プログラム
  • 名城サポーターズ募金
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ