在学生・教職員/ニュース 【在学生、教職員の皆様へ】新型コロナウイルス感染症の影響拡大に伴う開館・利用制限等1月以降【附属図書館】1/13更新

本学は新型コロナウイルス感染症拡大防止および学生・教職員の安全のためにキャンパスの入構制限を行っています。
授業は、原則、対面授業(教室での通常授業)、一部の授業は対面授業と遠隔授業の併用または遠隔授業になっています。

附属図書館は、1月以降も開館時間の短縮、施設利用の一部制限、座席利用制限等を継続します。
なお、入構できる学生は大学で授業がある学生、または研究を行うことを認められた学生に限られています。
ご理解ご協力いただきますよう、よろしくお願いいたします。

<緊急事態宣言発出後の対応について(1/13更新)
愛知県は2021年1月13日に「緊急事態宣言」を発出しました。
感染対策を施したうえで対面授業の適切な実施が求められている文部科学省通知を総合的に考慮し、
本学は予定どおり授業・定期試験等を実施することにしました。
よって「緊急事態宣言」発出後も、附属図書館は下記内容で開館・利用制限等を継続します。

■開館・利用制限等
1.対象館:附属図書館本館、薬学部分館、ナゴヤドーム前キャンパス図書館(ラーニングコモンズ含む)
    ※ラーニングコモンズPC貸出:9:00~17:00(月曜日~金曜日) ※休講期閉室
2.開館・利用制限期間:令和3年1月5日~令和3年3月31日
3.開館時間:詳細な開館日等:「開館カレンダー」をご覧ください。
 (1)授業期:9:00~20:00(月曜日~金曜日)、9:00~17:00(土曜日) 
 (2)試験期:8:30~20:00
 (3)休講期:9:00~17:00
 (4)休館:日曜日、祝日 授業日の祝日は除く。
 (5)冬季休業日:令和2年12月28日~令和3年1月4日

4.貸出冊数の上限
 学部生:10冊、大学院生:30冊
5.返却期限日・返却方法
 (1)返却期限日:学部生/貸出日から14日後、大学院生/貸出日から90日後
 (2)返却方法:入構可能後に図書館カウンターに持参してください。郵送での返却も可能です。
 (3)長期貸出:①冬季(令和2年12月7日~令和3年1月7日)、②春季(令和3年1月21日~令和3年4月12日)
 (4)卒業予定者の最終貸出/返却日(令和3年3月6日)
6.利用制限を行う施設等
 (1)天白キャンパス本館、第2書庫
  ①閉室:5階学習室、グループ研究室、グループ学習室、視聴覚室
  ②開室(時間制限):メディア室(月曜日~金曜日)
   授業期・試験期/9:00~17:00、休講期/12:30~16:00
  ③出入口:北玄関(新聞コーナー出入口)を閉鎖します。
  ④書庫:入庫制限 ※出納可
  ⑤第2書庫:閉庫 出納可(受付は閉館の1時間前まで)
 (2)薬学部分館
  ①開室(時間制限):メディアコーナー(月曜日~金曜日)
   授業期・試験期/9:00~17:00、休講期/12:30~16:00

 (3)ナゴヤドーム前キャンパス図書館
  ①閉室:グループ学習室
  ②開室(時間制限):メディアブース(月曜日~金曜日)
   授業期・試験期/9:00~17:00、休構期/12:30~16:00
7.その他:利用に際してのお願い
 (1)資料の閲覧・貸出・返却は可能ですが、引き続き利用自粛にご協力ください。
 (2)授業および研究のために認められた登校時にご利用ください。
 (3)ご利用にあたっては、あらかじめ必要な図書や雑誌を蔵書検索システム(OPACで確認し、
   図書館内での移動・滞在を必要最小限にとどめるなどの工夫をお願いいたします。
 (4)マスク着用で来館をお願いします。マスクを着用されていない方は来館をお断りいたします。
 (5)アルコール消毒液を設置しておりますので適宜手指の消毒をお願いします。
 (6)座席の利用制限:利用できる座席を制限しています。

8.各種サービス
「図書館資料郵送貸出サービス」「文献複写(ILL)サービス」は一旦終了します。
 サービス再開はウエブサイトまたはポータル配信にて連絡をします。

附属図書館の活用方法は「図書館へ行こう」をご覧ください。
なお、現在、学外者の方のご利用はお断りしております。詳細は「学外者の皆様へ」をご覧ください。

  • 新型コロナ緊急寄付募集
  • MEIJO MAG
  • 名城大学チャレンジ支援プログラム
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ