在学生・教職員/ニュース 【学生の皆さんへ】新型コロナウイルス感染拡大に伴う学長メッセージ

学生の皆さんへ

 本学は後期から、友人とともに学び・活動したい皆さんの思い、対面でこそ得られる学びの深さ、途絶えさせない研究への情熱を汲み取り、十分な感染症対策を講じた上で、原則として対面授業(教室での通常授業)を再開しました。

 しかし最近になり、社会全体で新型コロナウイルスの感染者が増加傾向になり、本学でも感染者が発生しています。再びキャンパスを閉鎖し、全面的に遠隔授業に戻す措置も考えられますが、本学としては、感染者の行動履歴を確認し、保健所からの指導の下、キャンパス閉鎖が必要との指示があれば速やかに実行しています。学内に感染者との濃厚接触者がいない場合や他者への感染リスクが低いと判断した場合は、感染者が使用した施設の消毒など必要な対策を徹底した上で、従来通りの授業を継続しています。ただこれには、皆さんの日々の感染予防が不可欠です。家族を、仲間を、社会を、そして充実したキャンパスライフを守るため、改めて、皆さんに以下の点をお願いします。

 ・発熱や咳、嗅覚異常などの症状がある場合は、躊躇せず自宅で休養してください。
  所定の手続きにより単位の認定に不利益が生じないように対応いたします
 ・登校時はサーマルカメラで体温チェックを行ってください。
  発熱があれば、大学の保健センターに速やかに相談してください。
 ・可能な限り常にマスクを着用してください。
 ・近距離での会話を控え、講義室等では指定された座席位置で授業を受けてください。
 ・手洗いと咳エチケットを徹底してください。
 ・密閉空間や密集を避けるようにしてください。
 ・大学から緊急発信する情報を必ず受信できるよう設定してください(詳細はこちら

 そして何より、感染者や濃厚接触者に対していたわりの気持ちを持ち、決して責めるようなことがないようにしてください。

 これから本格的な冬に入り、新型コロナウイルスの感染拡大、インフルエンザの流行と、心配は尽きません。これまで以上に体調管理をしっかり行い、感染予防を徹底してください。
 私は、皆さんが名城大生としての自覚を持ち、節度ある行動を続けてくれると信じています。

名城大学 学長 小原 章裕

  • 情報工学部誕生
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ