トップページ/ニュース 【M-CAP】JALホスピタリティプログラム最終回

ホスピタリティについて事例研究をしながら学びました

修了証と皆勤賞をもらいました! 修了証と皆勤賞をもらいました!
最終回の様子。笑顔で。 最終回の様子。笑顔で。

12月10日に【M-CAP】の中でも人気講座である『JALホスピタリティプログラム』が最終回を迎えました。最終回は前回のグループ発表の講評。全グループの振り返りに加え受講生からの発言もあり、学び合う回でした。

この講座を通してお世話になってきたメイン講師はお二人(途中1回はゲスト講師も登場)。最終回のこの日は、お一人は対面で、お一人はオンラインで繋いで中継で、という新しい形をとり、和やかな雰囲気のまま終了となりました。

受講生一人ひとりに修了証と一言コメントをいただきました!

名残惜しそうに話をしている様子 名残惜しそうに話をしている様子
一人ひとり目を合わせてご挨拶 一人ひとり目を合わせてご挨拶

修了証は受講者全員が授与され、オンラインで参加の講師の方とも一人ひとりがご挨拶できました。後期を通して毎週講義を受けてきた受講生からは「さみしい」という感想も多く出ていました。

「感謝と希望を忘れずにこれからも頑張ります」「講座を通してホスピタリティの知識を深めるだけでなく行動に移せるようになりました」「講師のお二人にお会いした際、笑顔やあふれるホスピタリティに感動したことを鮮明に覚えています」「後輩にもぜひ勧めたい!」などいろいろな声があがりました。キャンパスがホスピタリティで溢れることを期待して今年度の講座は修了しました。

【M-CAP】活動報告掲載ページはこちら

  • 新型コロナ緊急寄付募集
  • MEIJO MAG
  • 名城大学チャレンジ支援プログラム
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ