トップページ/ニュース 名古屋市の高校生スタートアップ創出促進事業に本学が協力

本学と名古屋市の連携・協力に関する包括協定を受けて

  • ナゴヤドーム前キャンパス西館にある社会連携ゾーンshake ナゴヤドーム前キャンパス西館にある社会連携ゾーンshake

本学は、名古屋市が2021年度に実施する「高校生スタートアップ創出促進事業」に協力します。本学と名古屋市は6月1日、「連携・協力に関する包括協定」を締結。具体的に取り組む三tつの柱事業の一つ、イノベーション推進への協力となります。

名古屋市は、7月22日に講演会「ティーンズ・ミートアップ-未来のスタートアップ-」、8月18日から9月5日までの6回、ワークショップ「スタートアップ・ユースキャンプ」を開催します。(申し込みなど詳細

このうち、本学が協力するのはワークショップの方です。

協力内容

(1) ナゴヤドーム前キャンパスにある社会連携ゾーンshakeなど会場を提供する。

(2) 本学のアントレプレナー(起業家)教育プログラム受講学生が高校生の伴走者となる

(3) 本学独自のアントレプレナー人材育成プログラム(「EXPLORER」など)を企画・運営する本学職員が高校生のアイデアづくりのコーチを務める。

名古屋市との協定の記事

  • 情報工学部誕生
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ