特設サイト第86回 漢方を科学する(その3)

今回は、久しぶりに当研究室の研究活動について、お話しします。

以前ご紹介したように、わが国の医療現場で、アトピー性皮膚炎の治療に漢方薬が応用されていることは、みなさんもご存じだと思います。
ステロイド外用剤を中心とした西洋学的な治療法では満足できない場合や「体質改善」を期待してといった場合に、漢方薬を希望される方が一定の割合でいらっしゃいます。その一方で、医療用および一般用漢方エキス製剤の効能効果にアトピー性皮膚炎と記載されている処方はなく、皮膚炎や急性湿疹、慢性湿疹、化膿性皮膚疾患、皮膚掻痒症、かゆみなどいった記載があるだけです。また、最新のアトピー性皮膚炎診療ガイドラインでは、漢方療法について「現時点ではアトピー性皮膚炎に画一的な処方の有効性が明らかではないため、皮疹の性状から方剤を選択することの有用性に関する評価も含め、慎重な検討が必要である」とし、副作用の発現に留意しながら、「漢方薬に習熟した医師のもとで行うべき」という考え方が示されています。実際、一定の効果は認められているものの、その詳細はまだ不明という状況にあります。

そういう背景のもと、わたしたちは日常診療でアトピー性皮膚炎に応用されている漢方薬の有効性を実験科学的に評価し、その作用機序を明らかにするという目的で、いくつかの処方について検討し、その成果を論文や学会などで発表してきました。その中で、マウスの接触性皮膚炎モデルを用いて、黄連解毒湯と十全大補湯の抗アレルギー作用について実験を重ね、興味深い実験結果を得ています。

マウスの接触性皮膚炎モデルはアトピー性皮膚炎モデルの一つとして用いられる遅延型アレルギー反応モデルで、ハプテンと呼ばれる低分子化合物を抗原としてマウスの腹部に塗布して感作し、一週間後に同じ抗原を耳介に塗布すると、その24時間後をピークとした腫れが観察されます。両処方を感作後から再び抗原塗布するまでの間、一日一回、ヒトの常用量の10倍量で一日一回経口投与しますと、その耳介の腫れが抑制され、抗アレルギー作用をもつことがわかります。

マウス接触性皮膚炎モデル

図1:マウス接触性皮膚炎モデル

漢方薬によるマウス接触性皮膚炎モデル抑制作用

図2:漢方薬によるマウス接触性皮膚炎モデル抑制作用

興味深いのは、この2つの処方では、この抑制作用のメカニズムが違うということです。
この接触性皮膚炎モデルの成立には、免疫細胞の中でT細胞が関わり、中でも皮膚炎を生じさせるエフェクターT細胞と呼ばれる細胞集団がマウスの体内で抗原感作により活性化されてきます。生体はよくできたもので、同時にこの免疫反応を抑制あるいは終息させるブレーキ役と考えられる制御性T細胞という集団も誘導・活性化されます(図1)。黄連解毒湯は、このアクセル役のT細胞の活性化を抑制し、十全大補湯はアクセル役のT細胞の活性化を抑制するだけでなく、ブレーキ役の制御性T細胞を誘導・活性化することにより抗アレルギー作用を示すことを見出しました(図2)。

図3:作用機序についての考察

漢方医学の本質は、「扶正去邪(ふせいきょじゃ)」といって、私たちの生命活動を担う正気(しょうき)を扶(たす)け、病の原因となる邪気(じゃき)を去ることです。また、正気が減れば、病に陥るでしょうし、邪気が勝れば、病になりますから、発症した際には正気を補い、邪気を瀉する「補と瀉の医学」であると言い換えることができます。黄連解毒湯は、急性期の炎症を取り去る「清熱剤(せいねつざい)」の代表的な処方で、「瀉法」の一つですし、十全大補湯は「補剤(ほざい)」の代表的な処方です。マウスの接触性皮膚炎モデルで、アレルギー反応成立のためのアクセル役のT細胞の活性化を抑制する作用が黄連解毒湯にあり、ブレーキ役のT細胞の誘導・活性化作用が十全大補湯にあることは、それぞれの処方の性質を表しているようにも考えられ、とてもおもしろい結果だと考えています(図3)。

現在、これらの作用機序の違いは何に由来するのか、どういった生薬や成分が関わっているのか、さらにどのような機構で各T細胞に作用を及ぼすのかなど詳しく調べるよう、学生の若い力を頼りに研究を続けています。

新たな実験事実がわかりましたら、またこの場でご紹介したいと思いますので、乞うご期待です。

(2022年3月3日)

  • 情報工学部誕生
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ