トップページ/ニュース 文部科学省の支援事業「私立大学等改革総合支援事業」に名城大学が選定

 名城大学は、文部科学省の支援事業「令和2年度 私立大学等改革総合支援事業」において、タイプ2「特色ある高度な研究の展開」とタイプ4「社会実装の推進」に2年連続で選定されました。

 私立大学等改革総合支援事業は、Society5.0の実現に向けた特色ある教育研究の推進や、地域社会への貢献、イノベーションを推進する研究の社会実装の推進など、特色・強みや役割の明確化・伸長に向けた改革に全学的・組織的に取り組む大学等を重点的に支援するものです。

 タイプ2「特色ある高度な研究の展開」は、高度な研究を基軸とした特色化・機能強化を促進する取り組みを支援するもので、本学の研究活動が評価されました。

タイプ4「社会実装の推進」は、産業界と連携した社会実装の推進に向けた取り組みを支援するもので、本学の産学連携の取り組みが評価されました。

 本学は今後も一層、特色ある教育・高度な研究活動を推進するとともに、大学間・自治体・産業界との連携を進めてまいります。

タイプ2 リンク
東北大学と連携協定を締結(公式ウェブサイトの過去ニュース)

タイプ4 リンク
産官学連携について(公式ウェブサイト)

  • 情報工学部誕生
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ