特設サイト第1部 第4回 名城大学の誕生と名古屋専門学校の併存

  • 第4回 名城大学の誕生と名古屋専門学校の併存
    募集人員が4000人を超す1953年(昭和28年)の名城大学「入学試験一覧」(「名城大学75年史」より)

名専と名城大学で募集4000人

  • 名専と名城大学で募集4000人
  • 村松さん(長久手市の自宅で)

 

  • 名専と名城大学で募集4000人
  • 大矢さん(天白キャンパス2号館前で)

名城大学は名古屋専門学校(名専)の開校(1947年9月)で悲願の高等教育機関の仲間入りを果たしましたが、2年後には大学に昇格します。1949年4月の名城大学開校です。日本の教育システムに「6・3・3・4」の学校制度が導入されたことで、大学・高等学校・専門学校に分かれていた旧高等教育制度は新制大学に一元化されることになったのです。1949年度には、名城大学も含め178校の新制大学が発足しました。2年前に開校したばかりの名専も、名城大学への移行に伴い、1953年4月の入学生を最後に募集を打ち切ることになりました。

商学部(第一部、第二部)のみで開校した名城大学は翌1950年には早くも法商学部、理工学部、農学部(いずれも第一部、第二部)、短期大学部(第一部、第二部)を増設します。名古屋市中村区新富町の中村校舎だけだったキャンパスも、1950年5月からは昭和区駒方町に駒方校舎、1951年4月には愛知県春日井市に鷹来(たかぎ)校舎が開設されます。経営母体である「財団法人名古屋高等理工科学園」は1951年3月に「学校法人名城大学」となり、新制の附属中学校、附属高校を擁する大規模学園に変貌していきます。

名専もまた、開校と同時に、最後の旧制専門学校としてその余命が決まっていたのも関わらず、規模拡大路線を走っていました。名専と名城大学が併存した1953年度の「入学試験一覧」が「名城大学75年史」に掲載されていました。附属中、高校を除く募集人員は4000人。途中入学者の「若干名」を加えると4000人を超える計算です。名城大学誕生からはわずか4年しかたっていませんでした。

ユニバーシティとカレッジ

  • ユニバーシティとカレッジ
  • 名城大学本部(中村校舎)が収められた卒業アルバム

 

  • ユニバーシティとカレッジ
  • 高理工の校章入り式典幕、名城大学校旗が飾られた名専卒業式(1951年11月3日、駒方校舎講堂で)

名専の第二部応用物理学科電気分科に1948年に入学し、1951年に卒業した村松栄さん(愛知県長久手市)と大矢宣明さん(名古屋市天白区)に卒業アルバムを見せてもらいました。「名古屋専門学校」ではなく、「名城大学」の校章が印刷された表紙。扉ページには「昭和廿六年十月 應用物理電気工学科 第三期生」という表記とともに、「名城大学」と「名古屋専門学校」の校名が併記されています。

カラーページには中村校舎にあった「名城大学本部」と、白雲のなびく青空を背景に「meijo university」と「nagoya college」のイラスト文字が躍っています。名城大学と名専の英語表記です。次のページには田中壽一校長(学長)の写真とともに積み重ねられた3冊の本の上に名城大学の徽(き)章入りの角帽が置かれています。

キャンパス紹介のページもあります。村松さんや大矢さんが通った「枇杷島校舎」(中村校舎)、入学当時の名専本館。ただ、正面入り口左の柱には「名城大学」、右の柱には「名古屋専門学校」のプレートが張られています。鷹来校舎の「農学部本館」、駒方校舎の写真もあり、まさに総合大学のたたずまいを漂わせています。

名城大学の歩んできた歴史の中で、慌ただしく躍り出た名専の立場を象徴するような写真もありました。卒業式(1951年11月3日)の写真です。村松さん、大矢さんら大半の同期生たちが初めて訪れた駒方校舎講堂での卒業式。名古屋高等理工科学校(高理工)の第4回卒業生が贈った「高理工」の校章入り式典幕を背に、卒業証書を手渡す田中校長。名城大学の校旗が置かれています。

「名専の校旗も、名専の角帽もあったのにアルバムには登場していない。卒業式典でも本来なら名専の校旗を置くべきでしたし、アルバムにも残すべきでした。ただ、時代が時代というか、大学中心の流れになっていて、僕らも名専を専門部と呼んでいました。さらに言うならば、やがて名専の名前は消えるわけでしたから、ずっと残る名城大学の名前も併記しておきたいという思いもありました」

卒業した62年前に作られたアルバムを手に、大矢さんは語りました。アルバム編集委員には村松さんら3人の学生も加わっていましたが、制作作業は委託した業者ペースにならざるを得なかったそうです。

アルバムでは使われなかった「名専」の徽章入りの角帽。長野県下伊那郡三穂村(現在の飯田市)出身の村松さんは、入学と同時にあこがれだった角帽を買い求めました。「田舎には角帽をかぶり、胸を張って帰省しました」と懐かしそうでした。

総合大学であることの誇り

急激に総合大学としての存在価値を高めていく名城大学の膨張ぶりに、名専の多くの学生たちは誇らしさを感じていたようです。村松さん、大矢さんと同じ1948年に名専応用物理学科数学分科3年生に転入学した野末(旧姓堀尾)勇さん(静岡県浜松市)もその一人です。名専(ナゴヤカレッジ)をもじった「NC」のバッジを大切に残していた野末さんですが、「名専の実態はユニバーシティー。名古屋地区では名古屋大学以外、私立では名城が唯一の総合大学でしたから」と強調します。

野末さんによると、当時、名古屋地区では旧制の高校、専門学校の卒業生や在学生たちで作る「さわらび会」という集いがあり、野末さんは名専の代表者とし顔を出していたそうです。「総合大学は名城だけだったので威張って出ていましたよ」。野末さんは誇らしそうでした。

1947年時点での名古屋地区の私立大学と前身の専門学校

大学 専門学校開設年 専門学校
同朋大学 1921(大正10) 真宗専門学校
金城学院女子大学 1927(昭和2 ) 金城女学校専門学部
椙山女学園大学 1929(昭和4) 椙山女子高等専門学校
安城学園大学 1930(昭和5) 安城女子専門学校
南山大学 1946(昭和21) 南山外国語専門学校
名城大学 1947(昭和22) 名古屋専門学校

天野郁夫『旧制専門学校』(1978.5日本経済新聞社)より

田中校長が明かした医学部構想

村松さんも大矢さんも中部電力社員として昼働きながら名専の第二部に通いました。卒業すれば難関の国家試験を受けなくても第2種電気主任技術者(電検2種)の資格が得られるとあって、電気関係の仕事に携わる勤労学生が押し寄せていました。入学時の授業はそうした200人近い学生たちの熱気に満ちていたといいます。

「教室は後ろの方から埋まっていく。仕事で遅くなると前の席しか空いておらず、休憩時間に手洗いに出るのも大変でした」と大矢さん。村松さんも職場の上司から、「お腹がすくだろから、早めに仕事を切り上げ、うどんでも食べて行きなさい」と励まされながら通学を続けました。

終戦から3年しか経ていない1948年入学ということで、教室には復員兵だった学生も10人以上いました。休憩時間ともなればシベリア帰り、満蒙開拓義勇軍だった引揚者たちが、生々しい戦場談を語りました。シンガポールでイギリス軍と高射砲の弾が尽きるまで戦い続けたという、大矢さんより17歳年上の学生もいました。

電検2種の資格目当てに入学した学生たちにとって、気をもむ事態が起こりました。通商産業省(現在の経済産業省)が、名専を電検2種の資格認定学校とする官報がなかなか告示されなかったのです。「これはおかしい」「学校にだまされたのではないか」。学生たちの間で不安が高まりました。大矢さんは、上級生委員とともに、学校側との交渉に臨み、早急な認可を通産省に働きかけるように求めました。

官報告示は卒業9か月前に出され、学生たちを安心させましたが、田中校長の自宅を訪れての交渉の過程で大矢さんたちは、田中校長から、驚くべき名城大学の将来計画を聞かされました。田中校長は、駒方校舎近くにある大きな総合病院を買収する計画が進んでいることを明かしたのです。「病院を買収して医学部をつくる。名城大学は立派な総合大学になるのだから、心配しなくていい」。大矢さんは、「田中さんの経営的な才覚は大変なものだと今でも思っています」と振り返ります。

すし詰め授業の青春

  • すし詰め授業の青春
  • 田中校長の「送電理論」の講義風景

大矢さんらの卒業アルバムには名専の学生たちの授業風景の写真が収められ、写真にはほのぼのとしたコメントが書き込まれています。すし詰め状態の教室で、張りつめた緊張感の写真も多い一方で、教員と学生たちのどこか和みを感じさせるコメントが目につきます。

田中校長自らも教壇にたち「送電理論」の授業を担当しました。大矢さんによると、ドイツ語口調の講義では「バッテリー」を「バッタリ、バッタリ」と発音していたそうです。アルバムでの田中校長の講義風景でのコメントです。<先生、字が小さくて見えません。大きく願ひます……。頭が大部光ってるでなあと、後ろの方からクスクスと。解らんドイツ語でベラベラと>

「市野先生の電気法規講義」という写真には、こんなコメントが添えられていました。<誰だ代返したのは。こんなことで法規を学ぶ資格はない。僕は出席は成績に加味しない……なんて言われたね>

アルバム編集後記

  • アルバム編集後記
  • 体育の授業や講義風景、教室での休憩の様子を紹介したページ

村松さんや大矢さんが学んだ当時の名専第二部は4年制でした。本来なら1952年3月卒業でしたが、名専の1955年の廃止が迫っており、1951年11月の繰り上げ卒業となりました。200人近かった同級生たちですが、アルバムに名前が残っている卒業生は97人。そのうち、村松さん、大矢さんら20人が中部電力で働きながらの卒業でした。アルバム編集後記には、広瀬義郎さんという編集委員代表者が記しています。

「思へば楽しき幾星霜。在りし日の学びの殿堂を思ひ浮かべながら、別れの嘆きは身に秘めど、彼の四年の追憶は胸に秘められた一輪の球として、我等は永遠にこの母校より葬り去られていくのである。入学当初、二組二百名近くの人員も、今になって半減した。家事の都合、或いは病に倒れたのであろう。然しあなた方の意志と努力は誠に尊いものである。この努力こそ立派な電気技術者たらんとする基であると信ずる。去り行く我等は四方の彼方に散り行けど、将来、苦しきこと楽しきことも思いだすは、きっとこの四年間の学窓生活であろう。私はあなた方のこの尊い記録を永く残さんがために最後の御奉公を申し上げる次第であります。皆様方の将来に栄光あらんことを御祈り申し上げます」

73歳の大学院生

大矢さんは1931年3月23日生まれ。旧制の愛知県中川工業学校(現在の県立愛知工業高校)電気科を卒業しました。中川区八熊の実家は真宗の説教所で大矢さんは9人兄弟の3番目。長男が父親のあと継ぎ、戦後、本堂を立てることになりました。このため中部電力に就職していた大矢さんは、給料をそっくり本堂再建につぎ込みました。しかし、進学したかった夢は断ちがたく、名専に入学したのです。

名専卒業後は名城大学第二理工学部電気科3年に転入学し、1954年3月に卒業しました。名専に入学した1948年から1991年3月まで43年間、中部電力に勤務した後、さらに中部電気協会に勤務しました。65歳で定年を迎えた大矢さんは、「親鸞の勉強をしなければ」と思いたち、72歳で同朋大学別科に入学して僧籍を取得します。さらに73歳で同大大学院に入学し、2006年、75歳で修了しました。8人の同期生では最年長だった大矢さんの修士論文テーマは「蓮如(れんにょ)上人の実践仏教に学ぶ」。「生涯学び続けたい」と語る大矢さんは、82歳になった今もなおパソコンに向かい、自分史の検証を続けています。

(広報専門員 中村康生)

FEATURE

  • 名城大学テクノフェア
  • MEIJO MAG
  • 名城大学チャレンジ支援プログラム
  • HELLO WORLD!
  • 名城サポーターズ募金
  • ナゴヤドーム前キャンパス
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ