大学概要
  • HOME
  • News & Topics
  • 女子駅伝部員の前で名古屋学芸大学の田村ゼミ生が研究発表  2009年以来、部員の快走を食事でサポート

女子駅伝部員の前で名古屋学芸大学の田村ゼミ生が研究発表  2009年以来、部員の快走を食事でサポート一覧

  • 2016/2/3
  • 富士山駅伝で喜びを分かち合う田村ゼミ生ら(左端は田村教授)と米田勝朗女子駅伝部監督(右) 富士山駅伝で喜びを分かち合う田村ゼミ生ら(左端は田村教授)と米田勝朗女子駅伝部監督(右)
  • 女子駅伝部員の前で研究成果を発表する田村ゼミ生 女子駅伝部員の前で研究成果を発表する田村ゼミ生

昨年末の2015全日本大学女子選抜駅伝競走(富士山女子駅伝)で準優勝を飾った女子駅伝部を食事面で支えてきた名古屋学芸大学管理栄養学部の田村明教授(1974年本学薬学部卒)のゼミ生が1月30日、本学天白キャンパス共通講義棟東301講義室で、部員らを対象にした研究の成果を発表しました。
田村ゼミは2009年から、天白キャンパス近くにある女子駅伝部寮の朝夕の献立を作り、夕食は調理をして部員の体づくりを担ってきました。全国大会では一緒に遠征し、レース前の食事も作ってきました。選手にとっては貧血の症状が少なくなるなどの効果が表れ、管理栄養士を目指すゼミ生にとっても実践の場になっています。お互いにメリットのある関係が継続してきました。
研究発表は、ゼミ生から駅伝部員へのフィードバックの意味合いをもち、2年目から毎年実施しています。この日は、ゼミの女子学生が4人ずつのグループで、「大学女子中距離選手の月経異常~Energy availabilityとの関連~」「健康管理~食事面からのサポート~」のテーマでそれぞれパワーポイントを使って発表しました。
前者は、月経状況とEnergy availability(正常な代謝をもたらすために必要なエネルギー量)、体脂肪率との関係を検討しました。後者は選手18人への食事や補助食の提供と各選手の血液検査の数値を考察しました。質疑応答では、貧血予防に欠かせない鉄分の体内への吸収効率などの質問が挙がりました。食物に含まれる鉄には「ヘム鉄」と「無機鉄(非ヘム鉄)」があり、肉や魚などの動物性食品に入っているヘム鉄の方が、野菜や海藻などの植物性食品に含まれる無機鉄より吸収されやすいという説明もありました。
ゼミ生の浜本桂さん(4年)は「富士山駅伝で感動のレースを見せてもらい、私たちもいい経験ができました。一生の思い出になりました。私たちは卒業しますが、駅伝部をずっと見守ります」と名残を惜しみました。駅伝部の藤田衆部長(法学部教授)は「毎日の食事のお世話にこれ以上ない感謝をしています。ゼミの活動としても抽象論でなく、日常接している選手たちを対象にした実験をもとに理論化したセッションで、非常にいい勉強として仕上がったと言えるのではないかと思います」とまとめました。
両者のコラボレーションは今後も続きます。駅伝部は近年敵なしの立命館大学を破って日本一になることを目標に掲げています。

天白キャンパス

天白キャンパス

〒468-8502
名古屋市天白区塩釜口
1-501
TEL:052-832-1151(代)

交通アクセス

八事キャンパス

八事キャンパス

〒468-8503
名古屋市天白区八事山
150
TEL:052-832-1151(代)

交通アクセス

可児キャンパス

可児キャンパス

〒509-0261
岐阜県可児市虹ヶ丘
4-3-3
TEL:0574-69-0100(代)

交通アクセス

ナゴヤドーム前キャンパス

ナゴヤドーム前キャンパス

〒461-8534
名古屋市東区矢田南
4-102-9
TEL:052-832-1151(代)

公式サイト

科学技術創生館

科学技術創生館

〒468-8502
名古屋市天白区塩釜口
2-1522
TEL:052-832-1151(代)

交通アクセス

春日井(鷹来)キャンパス附属農場

春日井(鷹来)キャンパス附属農場

〒486-0804
春日井市鷹来町字菱ヶ池
4311-2
TEL:0568-81-2169

交通アクセス

日進キャンパス(総合グラウンド)

日進キャンパス(総合グラウンド)

〒470-0102
日進市藤島町長塚75
TEL:0561-73-0810

交通アクセス

附属高等学校

附属高等学校

〒453-0031
名古屋市中村区新富町
1-3-16
TEL:052-481-7436(代)

公式サイト

| 統合ポータルサイト |  プライバシーポリシー |  サイトポリシー |  サイトマップ |

Copyright © 2013. Meijo University, All Rights Reserved.