大学概要
  • HOME
  • News & Topics
  • 愛知県産の米を使ったオリジナル甘酒を28日(水)にテスト販売

愛知県産の米を使ったオリジナル甘酒を28日(水)にテスト販売 一覧

  • 2018/3/23
  • 加藤教授とオリジナル甘酒 加藤教授とオリジナル甘酒
  • オリジナル甘酒 オリジナル甘酒

農学部応用生物化学科の加藤雅士(まさし)教授が、NEXCO中日本、JAなごやと連携し、愛知県産の米を使ったオリジナル甘酒を開発しました。この甘酒の試飲とテスト販売を3月28日(水)にメ~テレ社屋前(東別院参道)の「いいモノ物産展」で実施します。

この甘酒は、通常の甘酒と異なり、JAなごやブランド米「陽娘(ひなたむすめ)」を原料とした米麹に、2種類の古代米(黒米・赤米)を配合して造られています。「飲む点滴」と呼ばれ健康効果があるとされている麹甘酒ですが、さらにポリフェノール類が含まれる古代米を加えることで、抗酸化能(アンチエイジング効果)が期待できることが、発酵食品に詳しい加藤教授の研究で明らかになりました。

開発にあたっては、本学のほか、JAなごやが原材料の提供、名古屋市農業センターが古代米のサンプルの提供、甘強酒造株式会社(蟹江町)が甘酒の仕込み、愛知県立芸術大学がラベルのデザインでそれぞれ協力しました。愛知県のものづくりの力を結集した商品となりました。
3月13日に農学部・大学院農学研究科とJAなごやが相互協力及び連携に関する協定書を締結した際、出席者はこの甘酒を試飲し、すっきりとした味わい、古代米の色合いとプチプチ感に感嘆の声を上げました。

【テスト販売の概要】
1.販売日時  2018年3月28日(水)10:00~14:00
2.販売場所  メ~テレ社屋前(東別院参道) 名古屋市中区橘2-10-1
3.販売内容    オリジナル甘酒(390g)を1本400円(税込み)で限定300本  試飲も実施
4.備考    農学部の学生も売り手として参加

天白キャンパス

天白キャンパス

〒468-8502
名古屋市天白区塩釜口
一丁目501番地
TEL:052-832-1151(代)

交通アクセス

八事キャンパス

八事キャンパス

〒468-8503
名古屋市天白区八事山
150番地
TEL:052-832-1151(代)

交通アクセス

ナゴヤドーム前キャンパス

ナゴヤドーム前キャンパス

〒461-8534
名古屋市東区矢田南
四丁目102番9
TEL:052-832-1151(代)

公式サイト

科学技術創生館

科学技術創生館

〒468-8502
名古屋市天白区塩釜口
二丁目1522番地
TEL:052-832-1151(代)

交通アクセス

春日井(鷹来)キャンパス附属農場

春日井(鷹来)キャンパス附属農場

〒486-0804
春日井市鷹来町字菱ケ池
4311番2
TEL:0568-81-2169

交通アクセス

日進総合グラウンド

日進総合グラウンド

〒470-0102
日進市藤島町長塚75番地
TEL:0561-73-0810

交通アクセス

附属高等学校

附属高等学校

〒453-0031
名古屋市中村区新富町
一丁目3番16
TEL:052-481-7436(代)

公式サイト

| 統合ポータルサイト |  プライバシーポリシー |  サイトポリシー |  サイトマップ |

Copyright © 2013. Meijo University, All Rights Reserved.