大学概要
  • HOME
  • News & Topics
  • 外国語学部のクマーラ学部長が英語で講義 同学部初の試み

外国語学部のクマーラ学部長が英語で講義 同学部初の試み一覧

  • 2018/4/13
  • 英語でゼミを進めるクマーラ学部長と3年生たち 英語でゼミを進めるクマーラ学部長と3年生たち
  • 英語で学生に問いかけるクマーラ学部長 英語で学生に問いかけるクマーラ学部長
外国語学部のアーナンダ・クマーラ学部長(教授)が、3年生相手のゼミと「アセアン事情」の講義を英語主体で進めています。同学部長によると、2016年度に設置された同学部では初の試みです。
3年生の大部分は2017年度の2年生の時に海外留学を経験しているため、同学部では、英語による講義の機が熟したと判断、他の教員とともに2018年度に入って始めました。クマーラ学部長が担当する前期の上記授業に加え、他の教員も後期に英語で授業を開講する予定です。
4月10日のゼミでは、世界的な課題である「グローバルイシュー」について英語で展開しました。学生11人は3グループに分かれ、グローバルイシューの例を英語で話し合いました。地球温暖化、貧困、ホームレスとストリートチルドレン、テロリズム、核兵器、人口増加、地震、男女差別、サイバー犯罪などの課題が英語で続々と上がりました。同学部長は、英語一色では理解が難しいと思われるところは日本語で補足しました。
大勢の3年生を相手にした「アセアン事情」では、講義の手法としてCLIL(クリル、Content and Language Integrated Learning、内容言語統合型学習)を採用。これは、母語で学習していた科目を、外国語学習の適切な支援を受けながら外国語を手段として学ぶことにより、各科目の内容と外国語を同時に習得する教育法です。
クマーラ学部長は講義で「英語の理解度の高い学生が日本語で講義を受けるのはもったいない。一方で、われわれの期待が高いまま英語で講義をして、学生がついてこれなければ意味がない」と説明。この日は、1967年のASEAN(東南アジア諸国連合)発足の経緯や背景を英語クイズ形式で進めました。
この日は2回目のゼミ・講義で、日本語を交えましたが、今後は学生の理解度や反応を見ながら可能な限り英語漬けの割合を増やすことを考えるといいます。
天白キャンパス

天白キャンパス

〒468-8502
名古屋市天白区塩釜口
一丁目501番地
TEL:052-832-1151(代)

交通アクセス

八事キャンパス

八事キャンパス

〒468-8503
名古屋市天白区八事山
150番地
TEL:052-832-1151(代)

交通アクセス

ナゴヤドーム前キャンパス

ナゴヤドーム前キャンパス

〒461-8534
名古屋市東区矢田南
四丁目102番9
TEL:052-832-1151(代)

公式サイト

科学技術創生館

科学技術創生館

〒468-8502
名古屋市天白区塩釜口
二丁目1522番地
TEL:052-832-1151(代)

交通アクセス

春日井(鷹来)キャンパス附属農場

春日井(鷹来)キャンパス附属農場

〒486-0804
春日井市鷹来町字菱ケ池
4311番2
TEL:0568-81-2169

交通アクセス

日進総合グラウンド

日進総合グラウンド

〒470-0102
日進市藤島町長塚75番地
TEL:0561-73-0810

交通アクセス

附属高等学校

附属高等学校

〒453-0031
名古屋市中村区新富町
一丁目3番16
TEL:052-481-7436(代)

公式サイト

| 統合ポータルサイト |  プライバシーポリシー |  サイトポリシー |  サイトマップ |

Copyright © 2013. Meijo University, All Rights Reserved.